母乳 悩み

一人目の時に、出が悪いのが悩みでした。

 

 

一人目の時は母乳の出が悪く、赤ちゃんに乳首を咥えさせても母乳が出ないせいかすぐに泣き出しました。産婦人科では根気よく吸わせてくださいと言われましたが、とにかくよく泣き出してしまうのでどうしてよいかわからず途方にくれました。結局ミルクと混合で与えていたのが、ミルクばかりになり子供の体重も急激に増加。同じ時期に産まれたママ友の赤ちゃんと比べてうちのはだいぶ顔も手足もパンパンでとても落ち込みました。同じ初産のママ友がよく母乳が出る人で「○○くん(うちの子)の泣き声を聞いたら、胸が反応しちゃって母乳が出ちゃったよー。母乳パット変えてくるね。」と言われたのが衝撃で今でも心に刺さっています。友人に悪気はないのはわかっていますが、当時母乳の出が悪いことをとても悩んでいたので当時はそれで何日も塞いでいました。実母の世代は赤ちゃんにはまずミルク、だったようで産婦人科で指導された母乳育児の大切さをわかってもらえず、子供が泣く度に「なぜもっとミルクを与えないのだ」とか「出ないおっぱいをいつまで咥えさせるんじゃない」等と言われとても傷付きました。

 

授乳中にも飲むことが大切になる葉酸サプリですが、どのようなサプリメントが良いのか分からないという方もおられると思います。
ベルタとピジョン葉酸サプリで迷っている方は、それらの違いを知ることで、選びやすくなると思います。

 

結局は時間が解決してくれたように思います。

 

 

産後三ヶ月ほど経ってから、出は少なくとも赤ちゃんが乳首を吸うだけで落ち着くようになり、泣かなくなりました。母乳が出なくて泣いていたのが、泣いている時に乳首をふくませると泣き止むようになりました。当時は初めての新生児と格闘で、マタニティーブルーもあり思い出したくないような日々でしたが、もし過去の自分にアドバイスするのならば、購読していた育児雑誌などを実母に読ませたり、病院で受けた説明を周囲にもきちんと説明して母乳への理解を深めてもらうよう自分からもっと積極的に行動すべきだったと思います。一人目はよく泣きなかなか寝ない子でしたので私も体力的にしんどく外出するのがとてもおっくうでしたが、母乳マッサージを受けるためにもっと病院へ行けばよかったとも反省しています。乳児の成長は早く、子育ての悩みは半月後には変わっていました。そうしたことも含めて何かつまずいてしまった時はその都度、相談にのってくれる所をもっと頼るべきだったと今では思います。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪